格安SIM比較おすすめランキング

格安SIMを比較して紹介

キャリアが月7000円位する所を格安SIMで月2000円以内に収めることが出来ます。
何も問題がなけれ使わない理由はないと思います。

格安SIM ・格安スマホを販売している会社をMVNO(仮想移動体通信事業者)といい、有名な一流企業が取り扱っています。

多くの格安SIMが販売されるようになってきました。
しかしどれを選べばいいのか迷うところです。

当サイトでは人気のMVNOを初心者の方にも解りやすく解説しています。

低価格で高品質のSIMカードを利用できるよう人気のサイトを比較して紹介しています



更新情報・お知らせ

2017/10/15
iij は音声通話機能付きSIMカード(みおふぉん) 月額 300円×12ヵ月割引キャンペーン を行います。 キャンペーン期間は2017/10/1 ~ 2017/10/31までです。 内容としましては期間中に、新規で対象のBIC SIMから音声通話機能付きSIMを申し込みした人に、ご利用開始の翌月から12ヵ月間月額料金を300円割引。
2017/10/03
車のハンドルに取り付けて、スマホの音楽を手元で簡単操作
エレコムは、スマホの音楽を手元で操作できるiPhone/Android対応の車載用BluetoothRリモコン“LAT-RC01シリーズ”を10月中旬より新発売。 ハンドルから手を離してスマホの画面を操作する必要がありませんので、安全安心です。ハンドル以外にも、両面テープを使用することで、お好みの場所に取り付け。
2017/09/20
UQモバイルUQスポット伊勢佐木モールオープンします。
お客様に対面でサービスを提案する販売ショップ「UQスポット伊勢佐木モール」を2017/9/5にオープンしました。 UQモバイル対応のスマホやWiMAXルーターを手に取ってお試しいただけるほか、スタッフから、端末、料金、サービスに関する説明を受けることができます。 新規のほか、機種変更にも対応。
2017/09/11
LINEモバイルデビュー応援! 2ヶ月連続3GB増量キャンペーンが延長になりました。 対象期間は2017/11/30。 対象者は期間中にLINEモバイルを開始して、コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プランをご利用の方。 キャンペーンの内容は、利用開始日の翌月から2ヶ月間、3GBを付与されます。 尚、LINEフリープランは対象外。 付与されたデータ通信量は、データプレゼント対象にはなりません。
2017/09/03
Jアラートについて
総務省消防庁はスマートフォンの所有者にJアラートを受信できるアプリをダウンロードして対応するよう呼びかけています。 Jアラートを受信するために、防災情報のアプリをインストール必要があります。公式のものはないけれど無料のものがいっぱいありますので対応は完全に出来ます。 Jアラートとは全国瞬時警報システムのことです。

おすすめの格安SIM比較


楽天モバイル


3.1Gパックプラン
初期費用 3000円
データ通信 900円
データ+音声通信 1600円
回線 ドコモ

機能的に有名プロバイダのサービスに比べても遜色の無いレベルです。
低価格帯の端末は用意していないので、むしろスペックのレベルは高めです。端末の種類も豊富です。
キャッシュバックやポイントバックなどのキャンペーンも多いのでさらなる格安も期待できます。

楽天モバイル詳細

BIGLOBE LTE・3G


3Gプラン
初期費用 3000円
データ通信 900円
データ+音声通信 1600円
回線 ドコモ

口座振替でやれるのがBIGLOBE LTE・3Gの特徴です。
料金は十分な安さでありながら、無料でWiFiスポットが使えます、セキュリティソフトも無料です。、バランスのあるサービスが魅力になっています。

ビッグローブ詳細

DMMモバイル


3Gプラン
初期費用 3000円
データ通信 850円
データ+音声通信 1550円
回線 ドコモ

低速通信時でも少しの間だけ高速通信になるバースト機能があるので、快適にインターネットが楽しめます。
安い通話SIMが欲しいということであれば、DMM SIMの選択で間違いないでしょう。
またプランの数もピカ1で多いのも特徴の1つです。

DMMモバイル詳細

ワイモバイル


スマホプランS(1G)
初期費用 3000円
データ通信 *****
データ+音声通信 2980円
回線 ソフトバンク

ワイモバイルのスマートフォンは通話無料サービス(1回10分月300回まで)とパケット定額が月額料金にパッケージされています。
Yahoo! JAPAN連携サービスがありインターネットが便利でおトクに楽しく使えるサービスが盛りだくさん!

ワイモバイル詳細


マイネオ


3Gプラン
初期費用 3000円
データ通信 980円
データ+音声通信 1590円
回線 au

au系の格安SIMをスタートしたマイネオです。光回線のプロバイダーである株式会社ケイ・オプティコムによる提供です。
2015/07/01からデータ専用SIMはもちろん通話対応SIMも契約期間の縛りは無くなりました

マイネオ詳細

ニフモ


3Gプラン
初期費用 3000円
データ通信 900円
データ+音声通信 1600円
回線 ドコモ

インターネットプロバイダーの@nifty契約者は、月々200円割引されるなど、さまざまな割引制度があります。
ショッピングをしたり、アプリをダウンロードすると、月々のスマホ代が安くなります。これが、新しい格安スマホの幕開けです。

ニフモ詳細

トーンモバイル


パケット使い放題
初期費用 3000円
データ通信 *****
データ+音声通信 1000円
回線 ドコモ

レンタル事業大手のTUTAYA(ツタヤ)格安スマホの販売が始まりました。その他にもTポイントと連携した機能をアプリで提供することによって、契約に対して他にはない付加価値が得られるようになっています。
専用の端末(スマホ)が必要です。
通信速度500Kbps~600Kbpsのパケット使い放題。

トーンモバイル詳細

格安スマホとは


格安スマホとは格安SIMとスマホ(端末)がセットになっているものをいいます。
その際の端末はSIMロックフリーじゃないとだめです。

ここで紹介しているサイトは格安SIMと格安スマホの両方取り扱っています。
もちろん端末はSIMロックフリーです。

端末にはグレードがあり、どれを選べばいいのか解らなければ中間クラスを選んでおけば間違いないと思います。

価格は全て税抜きです。

↑ PAGE TOP